無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

🖤











テヒョンが片付けを終わると














テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
家まで送ります。
あ な た
あ な た
ぁ、ありがと。









テヒョンは私の手を繋いで玄関まで行く















テヒョンのオンマ
あ、お友達?
テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
そう
テヒョンのオンマ
可愛い子ね~









テヒョンはオンマに頷いて










靴を履いてすぐ外に出る














テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
さっきの続き …
あ な た
あ な た
や、やんないよ?







next