無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

惚れた

及川side




及川「おはよう!みんなっ!!」


バレー部「うーっす」


及川「なんか元気なくない!?!?」


松川「及川ーうるせーぞお前」


及川「そりゃあうるさくなるよ!!勝ったんだよ!!烏野に!!」


花巻「ギリギリなー」


及川「まっきー!そんなこと言うのやめてください!!」



昨日の練習試合で俺たちは烏野に勝った

飛雄もチビちゃんも調子が悪いって訳ではなかった

だから今俺は凄く嬉しい!!


しかもねっ

俺が落としたい女の子


榎本あなたちゃん!!


あの子に見に来ってって言ったら、いやいや来てくれたんだけど

結局最後までいたんだよね

ぷぷー‪w


まさか及川さんに惚れたのか!!

まぁそうだよね〜


岩泉「おい、川」


及川「おい、と、及川をくっつけないで!!」


岩泉「お前何にやにやしてんだ。気持ちわりぃ。さっさと体育館行くぞ。」


及川「ほーい」





朝練終わり





及川「はぁ、、、お腹空いたなー牛乳パン食べたい!」


岩泉「朝飯食ってねぇのかよ」


及川「食べたよ?」


松川「お前最近よく食うなぁ」


花巻「及川さぁんちょっと太ってきたんじゃぁありませんか??」



朝練が終わってどうでもいい話をしながら歩いていた



及川「俺は太らないの!!動いてるしねっ」





?「みなさーーんお腹すきましたーーなんかないですかーー🤤」


あなた「まって私自分がお腹すいた時のためにお菓子とカロリーメイト持ってる!食べる??」





たまたま俺が落としたい女の子、あなたちゃんとあなたちゃんの後輩?がいた


朝練終わり?え、まってポニーテールしてる、、かわい


後輩1「食べるー!!さっすがあなた先輩っ!!」


あなた「何それww」


えーーあの子いいな

そう思ったら勝手に体があなたちゃんの方へ進んでいた


及川「あなたちゃ〜ん」


あなた「げっ及川くん....」


友達1「お!!あなたにベタベタな及川くんだ!!」


及川「ちょっと!ベタベタなんかしてないからやめてくださいーー」


あなた「2人とも何騒いでんの」


友達1「なんでもないーー!じゃー!先行っとくね〜」


あなた「え!?待っててよ」


友達1「ごめん無理〜!!」


あなた「ひど!!」



あなたちゃんのお友達のおかげで2人になれた


訳では無い



岩泉「及川てめぇこの野郎💢何してんだ」


及川「うわぁぁぁ!!岩ちゃん」


花巻「ナンパか?気持ちわりーー」


あなた「ねぇ用ないなら行っていい?」



せっかく2人きりになれたいいチャンスが!


及川「まってあなたちゃん」


及川「岩ちゃん、まっきー、まっつん。ごめんねっ。俺、今から告白されるみたいっ」


岩泉、あなた「は?」


まぁこのくらい言えばみんな先に行ってくれるはず



花巻「そーいうことならお先行きますねーー」


松川「お幸せにどーーぞ」


あなた「いやっ違うし!!告白しないし!!」



岩泉「榎本だったか、?すまん邪魔した。こんなクソ野郎のためにゴメンな」


あなた「いやだから違うって!!」


及川「岩ちゃーんちゃんと反省するんだよ〜?」

及川「精一杯勇気を振り絞って俺に告白しようとしてくれてるんだからさっ」


あなたちゃんどういう反応すんだろっww


岩泉、花巻、松川「じゃ」


及川「うんっ」



さーてっどんな反応っ




え!?



いないんだけど!!



ちょっとまって!!!






さすがに怒ったかなーー


まぁたしかに怒る内容だな、、、



とにかく見つけて謝ろう





及川「あっいた!あなたちゃん!」



あなたちゃんがいたとこはさっきの所からそんなに離れていなかった



ポニーテールしていたけどもう解いていた



あなた「なんか用ですか」



ぎゃっ!!めっちゃ怖い😱


及川「!!さっきのはごめんねっ」


あなた「さっきのって何?もう話しかけてこないで」


ぎゃーーー!!それは無理ぃぃぃぃぃぃぃ


及川「っ、、ほんとにごめん!!反省してます!!」


俺は頭を下げた


あなた「意味わかんない。なんであんなこと言ったの」


ちょっと不貞腐れ気味にこっちを見てきた


ちょっとまってください。



この子こんなに可愛かったっけ??


綺麗って感じだったのに



あなた「聞いてんの!?!?」


及川「えっ!あ、はい聞いてます!!」


あなた「及川くんは調子に乗ったらべらべら喋りすぎ!相手の気持ちも考えて!」


及川「ごめんねっ!」


あなた「まぁ反省してるなら許してあげなくもない。でもあの3人にはちゃんと言っておいてね」


及川「はい、、すいません、、」


久しぶりにちゃんと反省したや、、、


あなたちゃんにこういうイタズラするのはやめよう。


口聞いて貰えなくなったら落とすも何も関わることすら出来ない



あなた「で、なんの用だったの?」


及川「え?」


あなた「だって及川くん、私に用があったから来たんでしょ?」


えっと俺なんの用があったんだっけ

別になんもなかったような、、、


あなた「あ、、もしかしてお腹すいたぁとか?」


ジトーっとこっちを見てくる


いや可愛いです。


じゃなくて!!


及川「そう!俺めっちゃ頑張ったからお腹空いちゃって」


お腹は空いてたけど

ただ話したかっただけなんだよな

なんてねっ


あなた「そんなことなら普通に言ってよ、、めんどくさ、、」


カバンの中をがさがさとあさるあなたちゃん


あなた「はい、これあげるよ」


あなたちゃんは俺にチロルチョコを2つくれた


及川「、、、」


あなた「え?嫌い?だったらごめん、、」


しゅんとなった



だから可愛いんだって!!


及川「ちがうよっありがとね、」




あなた「うん、、。あ、でもあんまり話しかけてこないでね」


及川「なぜ!?!?」



あなた「えーーだって及川くんめんどくさいし、、あとウザイ」


及川「酷い!!」


さっきまでとは大違い!

急に可愛くないこと言い出した!!


及川「俺の事うざい!とか言っちゃってるけど昨日結局最後までいたのは誰かな〜?」


さっき怒られたばっかりだけどちょっとくらいね


あなた「え、誰のことですか」


及川「とぼけないで?あなたちゃん最後までいたでしょ?俺知ってるからね」


あなた「勘違いしないで。」


及川「嘘つかないで。」


俺は昨日、あなたちゃん帰っちゃうのかーーって思ってたのに結局
結果見てから帰ったこと知ってるのに





あなた「、、、なんで知ってんの」


やっと諦めたらしい


及川「んー?知ってるに決まってるでしょっあなたちゃん俺の事大好きだもんねっ」


あなた「気持ち悪。何言ってんのこの人」


ふっふっふっもう俺はこんなものじゃ傷つかないぞ!!


及川「そんなこと言ってー!で?どうだった?かっこよかったでしょ俺」



あなた「うるさい」


及川「言うまで教室行かせないよ!!」


あなた「めいわく!」


及川「俺だってあなたちゃんが早く言ってくれないから迷惑してるよ?」


あなた「ほんとめんどくさいね、、」


及川「そこが俺のいいとこだよっ♡」





及川「無言は辛い!」


あと少しであなたちゃんの「及川くんかっこいい!」が聞ける!


あなた「なんて言えばいいの」


及川「昨日の俺を見た感想」


あなた「すごかったね」


及川「何が?」


あなた「全部」


及川「で、どうだった?」


あなた「は?」


及川「すごくて、どうだったの?」


あなた「すごくて、、?すごかった」


及川「んんー!違う!凄かった以外!」


あなた「え?」


及川「だからね!凄かった以外は?」


んー!あなたちゃんなかなか言わないな


天然か?



あなた「うーん、、チームのまとまりがあったし、みんな一人一人上手だなって思った」


嬉しいけどそうじゃなくて、、、

はぁ、まぁいいか

俺が無理やり言わせても面白くないしね、、


及川「ありが、、」


あなた「あぁ及川くんだけなら、及川くんいつもと全く違って」


あなた「かっこよかったよニコッ」



及川「/////え!?」


あなた「いつもあのくらい落ち着いていればいいのにねー」


不意打ち、、、


かわいい、、


かわいい、、


だいすき、、


あなた「まぁでもウザイことには変わりなさそうだけど!」


あなた「及川くん?」


カッコイイって言ったよこの子

かっこよかったよって何!?


可愛いんですけど!!


あなた「及川くん?変態くん?」



岩ちゃん俺はこの子にかっこいいって言ってもらえたよ😢


あなたちゃん俺のこと好きになったんじゃない!?


あなた「及川サーん」



及川「あなたちゃん!!俺のこと好きになっ、、」


あなた「好きじゃない。」






及川「でもかっこよかったって言った!」


あなた「だから好きになったとは言ってない」


くぅぅぅ!!


悔しい


なんか俺ばっかりじゃない?


及川「まぁ、そう言ってられるのも今のうちだよあなたちゃん((ボソッ…」


あなた「は?」


及川「いーや?あなたちゃん可愛いねって言ったんだよ♡♡」


あなた「気持ち悪」


俺はあなたちゃんに「かっこよかった」って言ってもらえた


この調子でいけばあなたちゃんは俺に惚れるはず!!



っていうかそろそろ時間やばいよね、、


及川「思ったんだけどさ、そろそろ時間やばくない?」


あなた「え?あ!!ほんとだ!!もう及川くんのせい!ほんとうざい」


及川「なんで!」


あなた「何歩いてんの?走りなよ」


及川「ちょっとあなたちゃん足速い!!」


あなたちゃんの肩に手をのっけて電車みたいにした


あなた「重い!走りずらい!邪魔!」


及川「そんなこと言わずにー!」


あなた「ねぇほんとに遅れる!あと見られる!」


及川「俺が走りながらお姫様抱っこして教室まで運んであげよっか?」


あなた「何言ってんの?アホみたいなこと言ってないで早くどいて!」


及川「わかったよーー」



あなたちゃんが俺に惚れるのはそう遠くない(はず)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


結局2人とも間に合わなくて先生に叱られました。

その後及川さんは、あなたちゃんにも叱られるのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まためちゃくちゃ長いんですけど、どうしますこれwwwwwwwww


最後まで読んでくれてる人いるのか?


まぁいいや


及川さんのゴリ押しでイチャイチャ感出したけど難しいですねボケェ


これからも暖かい目で見てくださいね〜


最後まで見てくれてありがとうございます💕