無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

めんどくさい

ここからスタートなので‪w‪w
試合とか混ぜるけどおかしくなるかも!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あなたside



及川「あなたちゃーん」

あなた「..なに?」

及川「呼んでみただけ♡」

あなた「....」


うざい。とにかくうざい。

今日も私は学校に来てからずっとこの人に話しかけられる。

及川「なになに?そんなに見てきて」

あなた「なんでもないよ..」



及川「もしかして俺に惚れたとか??ニヤッ」

あなた「......(💢💢)」




私は、なんというか、初対面の人とかあんまり仲良くない子とかには素の自分を隠してしまう

小学生の時、誰にでもヘラヘラ笑っていて気持ち悪いって言われたから

それを気にして初対面の人とかには笑わないようにして。そしたらこれだ。

だから、冷たくというか、トゲのある喋り方をしてしまう。


このしつこいぐらい喋りかけてくる及川くんにも冷たく言っちゃったんだけど

想像してたこととは違う答えがかえってきて、

なんか面白くって大爆笑してしまった。

嫌な言い方したのに急に笑いだした私を見て彼は固まっていた。

あ。やばい、、。引かれた?キモがられた?

そう思ったけどそんな心配はしなくても良くて

逆に、いつまで笑ってんのさ!!なんて言ってくるからびっくりした。

今まではずっと逆ギレされたりしてたし。

及川徹という人が嫌な人ではないって思った。



思ってたのに。




及川『あなたちゃん。俺のこと好きになってよ』



そんなことを言ってきてから、この人は、

毎日毎日毎日毎日、1日3回は絶対話しかけてくる。

私も意味がわからなくて、それを言われた日は記憶があんまりない


しかも絶対に好きにならないって思っていた直後だった。


根拠とかはなくて普通に。




及川「俺さーバレー部なの知ってる??」

あなた「...知ってる」

及川「今度さあなたちゃん、見に来なよ!!練習試合!!」

あなた「いや、私も部活あるし。」

及川「えーーまぁそっか女バス強いんだもんね?」

あなた「まぁ、、今年の1年生もすごく上手だからね」

私は一応。

青葉城西高校の女子バスケ部

よく文化部だと思ってたって言われるし

絵とか描いたりするのも好きだけど

バスケしてる時が1番好き。

及川「そっか!!あなたちゃんのバスケしてるとこ見てみたいな〜」

あなた「嫌だよ。」

及川「じゃあ俺のバレーしてるとこ見においで?」

あなた「だから、私も部活あるし」

部活は土日はあるし、今日は休みだからないけど平日も普通にある。
バレー部と日にちは被らない時もあるけど。

あと普通に見に行くのめんどくさい。。

ていうかうるさいし。早く自分のクラス行きなよ、、

さっきから女の子たちずっとこっち見てるよ。

はぁ、、、


及川「ふっふっふっー」

あなた「??」

及川「あなたちゃん。今日学校終わるの早いじゃん?」

あなた「?..うん。」

及川「それで、女バス今日部活ないでしょ?知ってるよ?」

なんで知ってんのよ

あなた「...そうだね」



及川「今日しかなくない?」


あなた「え?」


及川「あなたちゃんが俺のバレーを見て惚れる日は」

あなた「.......」

どうだ!とでも言いたそうな顔をしてこっちを見てくる彼


、、何言ってんのこの人

あなた「ごめん。今日用事ある。あと惚れないし。」

大した用事ではないが私にとっては貴重な休みだ。

自由に使わせて欲しい。


及川「とか言って!本当は用事なんてないくせに!!」

及川「それからもう俺に惚れてきてるくせに!!」

どっから来るのその自信

あなた「大した用事じゃないけど休みの日少ないからゆっくりしたいの」

及川「じゃあちょーーっとだけ!!」

あなた「...でも今日普通の練習でしょ?」

練習なら別にゲームとかそんなにしないでしょ

何を見てればいいの

及川「それがね!!今日は俺のくそかわいい後輩のいる烏野と練習試合があります!!」

か、らすの?

なにそれ

てかくそかわいいって言ってるけど全然そう思ってる感じしないし。

及川「どう?練習試合なら見に来てもいいでしょ?」

うーーん、

まぁほんの少しだけならいいかな

断るとめんどくさいもんなぁ及川くん


あなた「わかった。でも少ししかいないからね。てゆうかすぐ帰ります」


キーンコーンカーンコーン


及川「おっけい!じゃあ放課後バレー部の体育館に来るんだよー!!」



あなた「分かったから!!声でかい!!うるさい!!」

周りがこっちみてるでしょう!!もう!!

及川「(๑>؂•̀๑)テヘペロ」


はぁ、、、

流されてしまった


友達1「あなた〜及川くんと仲良くなってんじゃん‪w‪w」

友達2「それな!いい雰囲気だよ!?」

あなた「どこが!?」

友達1「まァまぁ今日は部活ないんだし行ってきなって!」

あなた「聞いてたなら助けてよ、、もう、、」

友達2「うちは部活や」

友達1「私は今日彼氏とデートしますんで♡」



あなた「せっかくの休みがァ、、、、」



友達1、2「‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w」


秒で帰ろ。

あーーめんどくさいなぁーー




そんなことを思っていたら

あっという間に放課後だ、、、、


バレー部の体育館遠いんだよな


鞄にもって帰るものを詰めて

重い足取りで教室を出た


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

切り方わからないマンですこんにちは

まじ国語無理


で、

あなたちゃんの友達1と2

1はバスケ部
2は吹部

です!




どうでもいいんですけどこれから私のもうひとつの

ハイキューの短編集みたいなおはなし?があるんですけど

それ

🔞系やります‪w‪w‪w‪w

ヤリたくなったからヤるんだよ♡♡

まだ考えてないけど変態さんは注目しといて

下手だけど♡♡



次はこの続き。

烏野との練習試合です!

ほぼ自分で考えます!でも本編っぽくもします!


最後まで読んでくれてありがとうございます(♡ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾