無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

遊ぼっ


あなたside


及川「それでさーその時の岩ちゃんってばほんとにククッ」


はぁ、、、、、、、、


何回目だろこの話されるの、、


岩ちゃんって岩泉くんだよね


助けて。岩泉くん。


友達「あなた〜」


あなた「ん?」

ナイス友達!
やっと離れられる!!


友達「あっ待ってごめん。邪魔した。」


あなた「え?いやまって!!」


友達「なんだね」


あなた「言って!今!」


友達「えーまた今度でいーや!じゃ!」


えぇ今言って欲しかったのに😭


及川「ちょっとあなたちゃん!聞いてた!?俺の話!」


あなた「え?あ、ごめん。聞いてなかった」


やば。普通に聞いてなかった。


あなた「もう1回お願いします」


及川「も〜!だからね、デートしない!?2人で♡」


は?


あなた「どうしてそうなったのか、、」


及川「あなたちゃんと遊びたかったから!」


あなた「ごめん。私暇な日ない。」


及川「嘘ついても無駄だよ?」

及川「こんなにイケメンな及川さんが誘ってあげてるんだよ?」


うわ。なんなのこの人。

確かにイケメンだけど、自意識過剰にも程がある。。


あなた「誘って欲しいなんて誰が言った??」


及川「え、あなたちゃんじゃん?」


あなた「言ってねーよ」


及川「わかったよぉ。俺と二人だとドキドキして嫌なんだよね?」


そんなことなら早く言ってよ~なんて言ってくるから本気で殴ろうとしたけど

あっさりとめられてしまった。


及川「もーあなたちゃん。暴力は良くないよ?まっ俺は慣れてるけど!」


何をそんな自慢げに、、。


及川「で、二人が嫌なら、今回だけ特別に、お友達連れてきていいよ!!」


及川「ダブルデート!俺は岩ちゃん連れてこ~」


なんて強引なやつなんだ。

そういうとこだよ。ほんとに。


あなた「、、いつ」


及川「来週の日曜日とか!」


あなた「ごめん用事あったー」


嘘だ。これでダメなら諦めよう。



及川「そんなに行きたくないんだ」


及川くんはしょんぼりしてこっちを見てきた。


及川「そっか。ごめんね。俺適当に考えちゃって。」


及川「やっぱこの話は、なしにしよっか」


え?


及川くんも珍しいとこがあるんだね。


でもこれはラッキー。


あなた「そうだね。なしにしよう。じゃ、、」


及川くんからまさかやめようって言われるなんて!!


はぁ〜疲れたー


さっさと帰ろ〜



ドドドドドドドド



!?!?




及川「ちょっとまったー!!!!!」



え!?


及川「何帰ろうとしてんの!!はぁ」


全力で走って来たみたいですごく疲れていそうだった。


あなた「え?だって用事終わったでしょ。帰るよ。当たり前。」


及川「普通はぁ追いかけてくるでしょー!はぁはぁ」


何言ってんだこの人


あなた「なぜ」


あなた「ていうかすごい疲れてんじゃん。どんだけ走ったの」


及川「俺がしょんぼりしたらごめん!って言っていいよってなると思ってたのに!」


及川「あっさり帰っちゃうし足早すぎだし!!めっちゃ疲れたし!」


え、えぇ



あなた「ご、ごめん。なしにしようって言われたから、、」


及川「それ作戦だったのに、、」


作戦だったとか、、、え、、


私そんなに早かったかな?と思うぐらい彼は疲れているようだった。


あなた「あ、のぉ〜なんで追いかけてきた?」


及川「はぁ??そんなのあなたちゃんと無理矢理にでもデートするために決まってんでしょ」


さっきとはちょっと口調が違う。


怒ったのかもしれない。


私別に悪くなくない!?



あなた「むりやりに、、でも、、」


及川「うん」


あなた「及川くんファン多いから怖いもん。」


及川「そんなの俺が助けてあげる」


あなた「でも私暇じゃない」


及川「部活オフの日だいたい絵とか描いてるだけじゃないんですか~?」


なぜそれを、、


私はあまり出かけたりしないのだ。。


及川「図星だね。暇人ちゃんは諦めて俺とデートしなさーい」


あなた「ちょっと勝手に!!」


及川「あとー俺を走らせた罰として、2人でデートしなさーい」


あなた「そんなの勝手に及川くんが走っただけでしょ!」


及川「おねがいっダメ?」



くっっ顔はイケメンだからなんとも言えん!!


及川「まぁ無理やり連れてくけどね~」



あなた「はぁ!?!?」



及川「来なかったらあなたちゃんの家まで行くよ?」


あなた「きっっも!!」


及川「酷い😭」

結構本気でキモイと言ったのはこの人ぐらいだ。ほんとに。


しかも強引すぎる。


あなた「わかったよ、、、」


もうどうにもならん。だめだこりゃー。

諦めて及川くんと”遊ぶ”ことにした。




及川「うんうん素直だね♡俺とデートしよっか。あなたちゃん♡」


あなた「うるさい。わかった。あとデートっていうな。」



及川「はーい。じゃあ日曜日楽しみにしてるよっ」



強引な王様、いや、大王様に振り回されてばかりだ。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


投稿遅れてますね~すいません。。


やっとデート系来ましたね。よくやった及川さん。


最後まで読んでくれてありがとうございます( ;∀;)








呪術廻戦も書きたい、、
迷う