無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

【特別シナリオ】四季折々ニ輝イテ#3
やつの研究は分からない…が、能力者同士の結婚が許されるようになった。
狙いは一体何だろ……
そう、頭の中で何度も何度も考えてしまう…
俺は、あいつの実験に手伝うとは言っていない。
だからこそ、余計に考えてしまう…
川崎 玲奈
川崎 玲奈
と、う、や〜♪
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
うわぁっ!!
川崎 玲奈
川崎 玲奈
びっくりした??
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
そりゃ、するよ…
川崎 玲奈
川崎 玲奈
えへへ〜♪
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
なぁ…玲奈…
川崎 玲奈
川崎 玲奈
ん?何??
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
昔から思ってたんだけどさ、玲奈って“あいつ”と何か関係性持ってないか??
川崎 玲奈
川崎 玲奈
………ないよ。
ただ、知り合いだってことだけ。
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
ふーん……
俺はあるように見えたんだけどな……
川崎 玲奈
川崎 玲奈
そう、見られてたんだね…
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
まぁな。
少しでも“あいつ”の事を探れると思ったんだけどな…
俺の考えは違ったってことか……
川崎 玲奈
川崎 玲奈
それよりさ…
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
……??
川崎 玲奈
川崎 玲奈
明日、どこかに行かない??
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
お、俺は……
川崎 玲奈
川崎 玲奈
いいじゃん!!
行こうよ!!
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
お、おぅ……
俺達は、結婚以外にも許されたことがいくつかあった。

そのうちの1つ、自由に外に出てもいいという事。

それと同時に、俺達は自由の身にもなった。
川崎 玲奈
川崎 玲奈
よし、そうと決まれば!!
勿論、“夢桜神社”だね!!
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
……はぁ!?
俺はまさかこいつが俺の実家に行こうとしていたとは思わなかった。

俺は、あそこには戻りたくない。
軽蔑されるのが怖いから……??
確かに昔は怖かった。

上から見下された感覚。
未だに覚えている。
川崎 玲奈
川崎 玲奈
私が居るから……ね??
1回、家族の元に帰ろう??
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
そんなにお前が言うなら……
川崎 玲奈
川崎 玲奈
うん、その言葉待ってたよ!!
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
っ……///
ったく、しょうがない奴だな。
川崎 玲奈
川崎 玲奈
えへへ///
俺と玲奈が俺の実家……“夢桜神社”に戻ると驚いた顔をされた。
そして、笑顔で俺を迎え入れてくれた。

勿論、帰る場所がない玲奈の事も。
温かい。
俺は家族を見て初めてそう思えた。

ここに居る家族は、“俺が知っている”家族では無く、少し“俺の知らない”家族のような気もした。
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
まさか………ね??
川崎 玲奈
川崎 玲奈
冬夜〜呼ばれてるよ〜
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
今、そっちに行くー!!
川崎 玲奈
川崎 玲奈
はーい
俺の家族も居て、玲奈も居る。
これは、俺にとって1番嬉しいことだ。

俺の家族はもう、冷たくない。
それに、1番驚いていたが……
川崎 玲奈
川崎 玲奈
チュッ
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
!!!!????////
川崎 玲奈
川崎 玲奈
何…??///
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
お前なぁ……///
川崎 玲奈
川崎 玲奈
冬夜の事、好きなのにやっちゃ駄目なの…??///
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
あー俺は、もう知らねぇっ!!
川崎 玲奈
川崎 玲奈
えっ!?冷たい!!
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
チュッ
川崎 玲奈
川崎 玲奈
……///
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
こ、これで良いんだろ…///
川崎 玲奈
川崎 玲奈
うん!!///
宜しくね??将来の夫さん。
夢宮 冬夜
夢宮 冬夜
はぁ!?///
決まってもないこと言うなぁっ…!!///
俺達はこの時、何か抜けていたのかも知れない。

未来まで、幸せは許されているわけではなかったと言うことを……………






























































今の俺達は知る由もない。
【特別シナリオ】四季折々ニ輝イテ END.
---------------------------------------
うp主
うp主
遅くなってごめんなさい💦
ここのストーリーを少し考えてて遅くなりました!!💦