無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第3話 普通
私の普通…
それは、皆と違う。
家では召使いとして扱われ…
学校では、いじめっ子のいじめ対象。
殴られ、蹴られ…
それが当たり前の日々。
私はまだ小学4年生。
出来ることも少ない方だと思うよね…??
でもね、私は背が高いからキッチンに立つことも出来る。
手には絆創膏だらけ。
だから、先生に聞かれた事がある。
先生
先生
いつも絆創膏を貼ってるけど大丈夫なの…??
その時の先生は物凄く優しかった。
そう…その時の先生は。
森山 亮太
森山 亮太
今の先生、優しくないね。
鈴風 舞
鈴風 舞
うん…
森山 亮太
森山 亮太
僕が消してあげようか??
鈴風 舞
鈴風 舞
大丈夫だから…
森山 亮太
森山 亮太
…そう。
鈴風 舞
鈴風 舞
あんまり、私と関わらないでよ…
森山 亮太
森山 亮太
何で?
鈴風 舞
鈴風 舞
だから、嫌われるよ…??
森山 亮太
森山 亮太
前も言ったよね??
僕は君と話してるだけなんだよ。
鈴風 舞
鈴風 舞
…うん…
森山 亮太
森山 亮太
僕は先に移動教室に行くね。
鈴風 舞
鈴風 舞
…うん、
誰も居ない教室。
なのにそよ風が入ってくる。
まるで、誰かが私を呼んでいるかのように…
唯
わ、忘れ物っ…!!
鈴風 舞
鈴風 舞
…??
唯
舞さん!?
授業、遅れますよ!?
鈴風 舞
鈴風 舞
…分かってる。
唯
あれ…??
あたし、何処にノート入れたっけ…??
うーん…うーん…と悩んでいる唯さん。
そして、チャイムが鳴ってしまった。
唯
どうしよ〜!!(´;ω;`)
今日、ノート提出なのにー!!
鈴風 舞
鈴風 舞
…私も探すよ。
 -------------------------
--------------
-------
鈴風 舞
鈴風 舞
…あったよ。
唯
ありがとう!!
ごめんなさい、あたしのせいで!!💦
鈴風 舞
鈴風 舞
…大丈夫。
急ごう。
授業が始まり10分が丁度切った所で私達は授業に参加した。
…勿論、先生には怒られました。
そして、色々とあり…授業も終わった後。
唯
この恩は絶対に返しますっ!!💦
鈴風 舞
鈴風 舞
…え??
唯
あたしのせいで、先生に怒られてしまったので!!💦
鈴風 舞
鈴風 舞
大丈夫だよ…!!💦
大げさだよ…!!💦
唯
で、でも…!!
鈴風 舞
鈴風 舞
本当に大丈夫だから。
唯
唯さんって…優しいんだね…
こんな私にも普通に接してくれる…
いつか、そんな友達が増えたら…
鈴風 舞
鈴風 舞
…バカみたい…
そんなの夢よ…
私の世界ではありえない。
だから、そんなの期待しない。
期待したって損するだけよ…