無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

佐高 えりなの場合⑤(終)
津島 みさき
イダッッッ
みさきの背中にはスマホが当たった

手からスマホが離れたからだ
津島 みさき
あんた…どういうつもり?
佐高 えりな
はぁ、もう殺ってもいいよね?
感情が抑えられなくなり、
えんぴつを大きな包丁に変えた
津島 みさき
どういうこと…?!
津島 みさき
((ゴリッ
ごろん。
先生
ヒッ…!!
みさきの首を切った
佐高 えりな
喋らなくなったっぽい〜
センセーも逝っちゃう?
先生
やめて…
先生はめっちゃ震えてた
まぁ関係ないわw
そうね、痛めて殺したいわ
今度はえんぴつをカッターに変えた
((ブスッ
先生
ぃだいイイイイイイイイ!ー!
佐高 えりな
痛いって何?
クラスの人達は怖がったのかみんないなくなっていた
クラスメイト
助けて…
佐高 えりな
むーり♥
何度も先生にカッターをさし続けた
目にも背中にも足にも指にも頭にも
先生
ヴッ、グハッ…
佐高 えりな
死んじゃった〜♥
【殺っちゃったの?】
佐高 えりな
もちろん。私に逆らうのが悪いのよ
【もういい??】
佐高 えりな
あー、もういい。ありがと
【じゃあ代金、もらうね♥】
((ゴトン

目の前が真っ暗になった
【はーい。命をアリガト】
スマホの画面は消えた