無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

倉居 れいなの場合③
さて。この能力をどう使うか

てか先輩が死んだよね?
でも気になるのはこの能力

ああ、私、先輩のこと好きじゃなかったのかな
倉居 れいな
ふふふふふ。ナニしようかな
倉居 れいな
不幸…ねぇ、
クラスメイト
あの、ね?
クラスメイト
何?(*σ・ω・。)σツンツン
クラスメイト
私、有月君のこと好きなの…
クラスメイト
まじで!
クラスメイト
まじ…//
それで、告白しようとしてるんだけど…
倉居 れいな
これだ!キタ!
私は悪魔だ…だからこそ。するべきことがある
倉居 れいな
私が、キューピットになってあげようか?♥
クラスメイト
ヒッ…!って、れいなちゃん…いいの?!
クラスメイト
おおー、黒魔術でもするの…?((
倉居 れいな
そんなところ?
倉居 れいな
じゃあ、やってくるね♥
______________
倉居 れいな
あ、有月君!
有月 友樹
どうした倉居?
私の力は不幸。だからこそ、できることがある
倉居 れいな
(有明君______…)
有月 友樹
??
変化は、すぐ起きた