無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

佐高 えりなの場合③
佐高 えりな
え、、?
津島 みさき
アハッw
きれいに切れたんじゃない?
先生
今までしてきたことでしょう?
嘘…でしょ?

なんで?私はやる側のはず…



たむろう人を振り払い、トイレに逃げた
佐高 えりな
はぁっ…
ほんとに切れてる…最低…
((ヴーヴー
佐高 えりな
何よ、こんな時に💢
【イジメ最高だったよ〜wこれからどうする気?】
佐高 えりな
ウッ…
そういえばこれからどうするか考えていない
どうしたらいいの…
【また力がほしい?】
佐高 えりな
えっ!ほしいわ…お願いします
【二回目は大切なものが代金ね】
佐高 えりな
大切なものって…?
【回したときに適当に決めるよ】
その画面のあと、回すボタンが出た
佐高 えりな
これ以外…方法ないよね。
私は回すボタンを押した