無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

佐高 えりなの場合②
スマホにはヒビが入った
佐高 えりな
どういうこと…なんで…私が…
【人に嫌われる能力なんか出したんだー^^*】
【オツカレサマ💓これから幸せにね!】
佐高 えりな
スマホが勝手に動いてる…
佐高 えりな
幸せって何よ!こんな能力いらないわ!
【回した君が悪いよ?まぁ。存分に楽しめば?】
佐高 えりな
なんなの…!!
████████████████████
佐高 えりな
ご機嫌よう
津島 みさき
何こいつ?誰か知ってる?このゴミのこと
クラスメイト
何こいつ〜いじめよ。
クラスメイト
いい子ぶるなよクズ〜
津島 みさき
ふふっみんなわかってる〜
佐高 えりな
なっ!!!
みさき…覚えときなさい
私が誰か知らないの?
津島 みさき
はぁー?
嫌われてるくせになんだよ
クラスメイト
みさき、モップとってきたw
こいつを洗ってあげよ笑
津島 みさき
ナイス!
佐高 えりな
やめっ…ウグッ…オェ…ヴッ
先生
みさきさん。
佐高 えりな
ゼン…ウグッ…ゼッ…(先生…)
先生
その調子です。
嫌いな人はいじめるものです
髪の毛を切るなんてどうでしょうか?
津島 みさき
先生ナイス〜💓
やっちゃお、
なんで…!?
私は悪いことをした?当然のことじゃない?
可愛いお嬢様はチヤホヤされるものじゃない?


髪の毛…?!
長年伸ばしたのに…!

私は必死にモップを口から出した
佐高 えりな
オエッ…!
ふざけないで!通報するわよ!
津島 みさき
やってみたら?
_人人 人人 人人_
> ジョキッ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

髪の毛のあたりでハサミの音がした