無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

望月 かなめの場合④
普通に登校して。
普通に飯食って。
普通に生活してるはずなのに。

人に触るのが怖くなった
望月 かなめ
なぁ、たくまよぉー…
村雨 たくま
……
返事がない
望月 かなめ
おい?
触らないようにしてたのに。

肩を触ってしまった。
村雨 たくま
(はぁー…だりぃ)
望月 かなめ
おい、大丈夫かよ!
だるいなんて考えるな!^^*
村雨 たくま
は…?なんで?
俺口に出したっけ!?
やっべ…このアプリのこと言ってもいいのか…?
望月 かなめ
へ?いや、なんでもねぇ笑
村雨 たくま
大丈夫か?
望月 かなめ
それより、「能力魔」っての知ってるか?
村雨 たくま
何だそれ?
望月 かなめ
アプリなんだよ。調べてみてよ
村雨 たくま
んぁーい
村雨 たくま
………。ねぇぞ?
望月 かなめ
は…?え?あれ…
村雨 たくま
お前、大丈夫か…?
矢口 せな
おっす!
望月 かなめ
(せなやん…)
村雨 たくま
(せなやん…)
せなっていうのはヤンキー。
人を殴るのが平気で有名な不良だ
矢口 せな
は?お前らなんで返事ないねん?
後で校舎裏こいよ。
望月 かなめ
(はぁ…こいつが死んだらな…)
その時。目の前の人が倒れた