無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

望月 かなめの場合⑤
望月 かなめ
ちょ…!
せなが倒れた

クラスがざわついた
村雨 たくま
おい、大丈夫か…?
たくまと俺の肩が触れた
村雨 たくま
(めっちゃラッキーじゃね。これでせなに呼び出されなくてすむ)
望月 かなめ
ヒッ!!
たくまはせなの顔を見て、息をしているかを判断した
村雨 たくま
死んでるね…
その一言でクラスがまたざわついた

異常事態に気付いた先生が飛びついてきた
先生
おい!何があったんだ!

救急車を呼べ!早く!


俺は怖かった
みんなの声を聞いてしまったこと
人を殺してしまったこと




気づけば学校から飛び出していた