無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,143
2019/07/28

第2話

頼ってよ
ころんside


今日はすとぷりハウス(僕ん家)で次のライブや、公式生放送について会議をする









……はずなんだけど、

なーくん、ジェルくん、さとみくん、りいぬくんは集まってる。
ころん
ころん
なぁ、るぅとくん遅くね?
けど、るぅとくんが来ない
ななもり
ななもり
そうだよね……
ななもり
ななもり
いつもは5分前には必ずいるのに……
莉犬
莉犬
ライン送ったけど、既読つかないよ?
集合時間は9時半

もう、ラインを送ってから一時間が経とうとしていた

30分待ってから送ったからもう1時間半……

何やってんだよ
ジェル
ジェル
どしたんやろな……
ななもり
ななもり
るぅとくん家行ってみる?
さとみ
さとみ
誰か合鍵持ってねぇ?
さとみ
さとみ
って、持ってるわけないk
ころん
ころん
あ、僕持ってるよ
さとみ
さとみ
何で持ってんだよw
ころん
ころん
えー、もらったんじゃね?
ころん
ころん
いや、奪ったかもw
莉犬
莉犬
何してんだよw
ジェル
ジェル
ここに泥棒がおるでww
ななもり
ななもり
それより、早くるぅとくん家行こう
すとぷり
すとぷり
はい




















るぅとside

何か…だる……

あれ、もしかして風邪でも引いた?

そう思いながらも重い体を起こそうとした
るぅと
るぅと
え?
僕は何かにひっかかったわけでもないのに倒れた

たまたまそこにソファがあったから頭は打たなかった

そして、一気に目眩、頭痛など体が体調不良を訴えた

そんな中で思い出した
るぅと
るぅと
今日会議する日だ
今の時間は9時25分

5分じゃころちゃん家には間に合わない

遅れると連絡をしようとしたが
るぅと
るぅと
っっ
急に頭痛が酷くなり

僕は昨日の疲れもあって何か考える前に

目を閉じてしまった




















ころんside

ピンポーン
莉犬
莉犬
るぅちゃーん?いるー?
チャイムを押しても、りいぬくんが呼んでも

ドアは開かない

僕は合鍵を出した
ころん
ころん
るぅとくーん?入るよー?
ドアを開けても、誰も出てくる気配はしない




まず、リビング、次にキッチン、お風呂場、寝室、、、

どこにもるぅとくんはいなかった

そうなると、いるのは作業部屋しかない

僕は他のメンバーよりはるぅとくん家に来てるから迷わず進んでいく
ころん
ころん
るぅとくん?
作業部屋は暗くて、どこにいるのかわからない

これでは探すことができない

僕はジェルくんに電気をつけてもらった

これでよく見える

もう一度中を見てみると

何度も見てきた、

黄色い髪の青年が倒れていた
すとぷり
すとぷり
るぅとくん!?
僕らはるぅとくんのそばに駆け寄った

るぅとくんはつらそうに肩で息をしていた

さとみくんがるぅとくんの額に手を置く
さとみ
さとみ
熱がある
さとみ
さとみ
すごい暑い……
ななもり
ななもり
りいぬくん!さとみくん!
2人はるぅとくんの看病してて!
ななもり
ななもり
ジェルくんは俺とお粥作るよ!
ななもり
ななもり
ころちゃんはるぅとくんの着替え持ってきて!場所わかるよね?
すとぷり
すとぷり
わかった!






























長くなるかもだから、ここで終わります!

続きはすぐ書くよ〜