無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ある日の朝・・・
志麻
志麻
せんらさんっ!!
センラ
センラ
どうしたんですか、志麻くん。
志麻
志麻
あのね?
センラ
センラ
はい?
志麻
志麻
・・・そ、その・・・
ぎゅってしたいんやけど・・・///
センラ
センラ
・・・デレ期ですか?
志麻
志麻
・・・んーん、今は甘えたいの・・・。
志麻
志麻
だめぇ・・・?(⸝⸝இ△இ⸝⸝)
センラ
センラ
ふふ、だめなんて言うわけないでしょ?
志麻
志麻
・・・え、
センラ
センラ
おいで。
志麻
志麻
パアァァァァァ・・・°˖✧(⁰▿⁰)✧˖°
志麻
志麻
ぎゅーっ!!
センラ
センラ
ふふ。
かわええなぁ。
センラ
センラ
・・・でも、いきなりどしたん・・・?
志麻
志麻
・・・あのね、怖い夢みたんよ・・・。
センラ
センラ
・・・怖い夢?
志麻
志麻
うん。
・・・みーんな俺に暴力ふって
しまいには俺が殺されちゃう夢。
センラ
センラ
えっ
志麻
志麻
痛くて、怖くて、
もう嫌やってん・・・。ウルウル
センラ
センラ
志麻くん。
志麻
志麻
グスッ・・・なぁに・・・?
センラ
センラ
センラは、志麻くんを裏切りません。
絶対に。何があっても、絶対に。
殺すなんて、もってのほかです。
僕はあなたがいないと、生きていけない
から。
志麻
志麻
・・・ほんと?
センラ
センラ
ほんとですよ。
志麻
志麻
良かっ、た・・・。
センラ
センラ
・・・ほら、もう泣かんでください。
センラ
センラ
センラは志麻くんの
笑ってる顔が大好きなんです。
センラ
センラ
だから、笑ってください。
志麻
志麻
・・・えへへ、わかった・・・///
センラ
センラ
ふふ、ありがとうございます。
センラ
センラ
愛してますよ。
センラ
センラ
チュ
志麻
志麻
ん・・・///
俺もセンラさんのこと愛してる!!
センラ
センラ
ありがとうございます・・・///
志麻
志麻
うん!!
志麻
志麻
ね、今日お出かけ行こ!!
センラ
センラ
そうですね、行きましょ!!
志麻
志麻
やったぁ!!
志麻
志麻
どこ行きます?
センラ
センラ
・・・あ、志麻くんとセンラが
出会った場所に行きましょうか・・・
志麻
志麻
そうだね・・・


✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚続く.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽

この続き書いてほしいとかあります?

あったら書きますよ(*´﹃`*)