無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

そんなこんなでー・・・
センラ
センラ
・・・志麻くん、見えてきましたよ。
志麻
志麻
ほんまやぁ、懐かしいな( *¯꒳¯*)♡
センラ
センラ
せやねぇ。
センラ
センラ
・・・そうや、志麻くん。
写真撮ろ?
志麻
志麻
ん、もちろんや!!
センラ
センラ
じゃ、センラが撮りますから、
もうちょい隣来てください。
志麻
志麻
ん・・・ほい!
センラ
センラ
よし!
それじゃあいきます、
さん、にー、いち、はいっ!
パシャッ
志麻
志麻
・・・ふふ。
センラさん、その写真
俺にも送っといてや!
センラ
センラ
わかりました!
そして、数時間後・・・。
センラ
センラ
・・・そろそろ帰りますか、志麻くん。
志麻
志麻
せやなあ。
志麻
志麻
・・・あ、カフェ寄ろうや。
腹減ってきたわ。
センラ
センラ
了解です!
センラ
センラ
じゃあ、志麻くんの好きな
あの店行きますか!
志麻
志麻
おん!( *¯꒳¯*)♡

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽
作者(椛)
作者(椛)
次回、ふたりがカフェに行きます。
そこでセンラさんが・・・。
作者(椛)
作者(椛)
・・・お楽しみに!