無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,546
2019/10/07

第15話

記憶
降谷side
コナン君に盗聴機仕掛けといて正解だった。
……かぐやさんは

記憶を思い出していたか…
安室透  降谷零
安室透 降谷零
風見、白雪財閥を守れ
そばにいた

風見にそう言うと了解しましたっといい

どこかへいった
白雪財閥は後ろに何かあるはず

そうでもなければ、多分、財閥として成り立つことはしない
俺はそれを調べよう

それが、かぐやさんの
隠している理由だと思うからな
俺はそう言い、ポアロヘ向かうため

駐車場へ行くと
久しぶりだな、バーボン
聞き覚えのある声...

...ようやく姿を表したか
安室透  降谷零
安室透 降谷零
お久しぶりですね...ジン



コナンside
かぐやさんは

いつも溜め込んでしまう

いつだってそう

安室さんの心配になる気持ち

少しはわかったよ
江戸川コナン
江戸川コナン
かぐやさんは
今何をしようとしてるの?
何を隠しているの?
白雪  かぐや
白雪 かぐや
それはもちろん秘密
...はぁ

俺たちってそんなに信用ないのか

それとも、何か違う事情が...?
工藤有紀子
工藤有紀子
まぁいいじゃない?
新ちゃんも一番知りたいことは
知れたでしょ?さっ、お茶にしましょ?
...かぐやさんは

本当に何を隠しているんだか

あとで安室さんにいいに行こうかな