プリ小説
一覧へ

第1話

自己紹介&【第1話】
You
私あなた。エイジと付き合ってるんだけど、
なんか様子がおかしい気がする。
エイジ
エイジ
俺エイジ。あなたと付き合ってるんだけど。
なんか合わない気がする。
リクヲ
リクヲ
俺リクヲ。なんか最近あなたとエイジ関わりが薄れてってるような。
そらちぃ
そらちぃ
俺にそらちぃ!最近あなたとエイジ上手くいってるのかなぁ?って思うぐらい関わってないんだよね。
ツリメ
ツリメ
俺ツリメ!!あなたとエイジあんま喋ってないなーって思うぐらい関わってないんだよね…
俺にすればいいのに。
_____________________
こんな感じで書いていきたいと思います!
第1話スタート!!!!!!!!!!
あなたside
You
えーいーじー!
エイジ
エイジ
ごめん無理
You
(はーいつもそうだね。)
エイジはスマホをずーっと見てる。
リビング行こ。
【アバハウスで住んでます。】
《リビング》
You
はぁー(´Д`)
ツリメ
ツリメ
どうした?
そらちぃ
そらちぃ
うんうん本当大丈夫?
リクヲ
リクヲ
もしかしてエイz,,,
そらちぃ
そらちぃ
りっくん!!
リクヲ
リクヲ
あ、ごめん
You
良いよ別に。
ツリメ
ツリメ
で、何があったの?
You
エイジが最近冷たいんだ。夜とか用事があるとか言っていて出ていくんだけど。
そらちぃ
そらちぃ
まじ?
リクヲ
リクヲ
えいちゃんが、
ツリメ
ツリメ
それは大変だったね。
みっくんは優しく包んでくれた。
You
/////
リクヲ
リクヲ
なんか邪魔じゃね?俺らwww
そらちぃ
そらちぃ
だなwww
そらちぃ
そらちぃ
お邪魔しましたぁぁ(小声)
You
みっくんありがとう。
ツリメ
ツリメ
、、、。
You
ん?みっくん?
ツリメ
ツリメ
あ、ごめんごめん!!
You
ううんw本当ありがとう。
みっくん離れないんだけどw
ガチャ🚪
エイジ
エイジ
みっくんなにやってんの。
ツリメ
ツリメ
元はと言えばえいちゃんだよ。
エイジ
エイジ
は?
ツリメ
ツリメ
えいちゃん最近あなたに冷たいんだよね?
夜とかどこいってるの?
エイジ
エイジ
ッッ
ツリメ
ツリメ
言えないんだ。
エイジ
エイジ
別にお前には関係ないだろ。
ツリメ
ツリメ
じゃああなたが言ってたって言ったらあなたにも関係ないの?
You
なんかごめん。
エイジ
エイジ
はー。めんどくせーな
You
え?
ツリメ
ツリメ
めんどくさくないでしょ。
You
ねぇ2人にさせてくれる?(小声)
ツリメ
ツリメ
大丈夫?(小声)
You
うん。(小声)
ツリメ
ツリメ
なにかあったら言ってね(小声)
You
ありがとう。ほんとごめんね(小声)
ツリメ
ツリメ
良いよ😄(小声)
You
えいちゃん、2人で話そうか。
エイジ
エイジ
,,,。
【部屋】
エイジ
エイジ
何?
You
いや話したいなーって
エイジ
エイジ
チッそんだけかよ。
You
ごめん。なんか言っておきたいことある?
私から呼び出したのにごめん。
エイジ
エイジ
んー
You
ないよね。ごめんね。
エイジ
エイジ
あるわ、はなし
エイジ
エイジ
急だけどさ___
ーーーーーーーーーー
次回。エイジからの発言

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

itigomiruku
itigomiruku
戻ってきました!