無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

714
2021/07/30

第3話

ガラガラと教室のドアを開けると誰も居らず一番乗りだったみたいだ
あなた
いっちばーんっ!!
匠海
匠海
教室綺麗だな
郷敦
郷敦
俺ここか、
あなた
これ名前の順じゃないんだ!あ、やったー!郷敦の隣ー!
匠海
匠海
俺は、郷敦の後ろだ~
郷敦
郷敦
集まった、ね
あなた
ね〜
匠海
匠海
ぁ、なぁなぁ!今日の部活体験一緒に行かないか?
郷敦
郷敦
軽音部の?
あなた
そーそ!
郷敦
郷敦
いいのか?
匠海
匠海
いてくれた方が楽しいし!
あなた
うんうん!
郷敦
郷敦
じゃあ、よろしく
郷敦はニヒッと笑った





なんだろ、こっちまで笑顔になっちゃうな
ー放課後ー
あなた
よっし!終わった〜!行こー!
匠海
匠海
楽しみ~!
あなた
ほんとに!!
郷敦
郷敦
どれぐらい居るんだろ
あなた
ね!
私は足を弾ませながら軽音部の教室にはいった
あなた
失礼します!!
匠海
匠海
失礼します
郷敦
郷敦
失礼します
もしかして、!軽音部希望の子達!?
先輩らしき人が郷敦の肩を揺らしながら言う
郷敦
郷敦
ぁ、はい!!
っは!!ほんと!?
お亮先輩
お亮先輩
俺!2年の吉沢亮!
あなた
ぁ、よ、よろしくお願いします!
お亮先輩
お亮先輩
君背負ってるのアコギだ〜!
あなた
!!そーなんです!!!
お亮先輩
お亮先輩
君はベースだ~!!
郷敦
郷敦
そうです!
すごい、取り込まれる感じ、、!
お亮先輩
お亮先輩
君は、?
亮先輩が匠海を見つめて言った
匠海
匠海
あ、俺はキーボード、を
お亮先輩
お亮先輩
キーボードか!!
あなた
そう言えば、他に先輩って居るんですか?
お亮先輩
お亮先輩
あぁ~、居るよ!
お亮先輩
お亮先輩
裕貴~
んぁ?
背の高い先輩が歩いてくる
1年生??
あなた
はいっ!
裕貴先輩
裕貴先輩
よろしく俺2年の山田裕貴
あなた
よろしくお願いします!!
郷敦
郷敦
先輩方は、何担当してるんですか?
お亮先輩
お亮先輩
俺はエレキ!!
匠海
匠海
かっこいいっすね!!
お亮先輩
お亮先輩
だぁろー!
裕貴先輩
裕貴先輩
おれはドラム~
あなた
ドラムってリーダーシップがある人が向いてるんですって!
郷敦
郷敦
かっこいいです!!!
お亮先輩
お亮先輩
まぁ部員俺らだけなんだけどね~
あなた
え!?
匠海
匠海
もっと人気あるのかと、
あなた
私も思ってました、
郷敦
郷敦
俺も、
裕貴先輩
裕貴先輩
ま、これだけ集まれば上出来だろ
裕貴先輩がニッと笑った
お亮先輩
お亮先輩
みんなもう軽音部で決定なの?
あなた
そうです!
郷敦
郷敦
俺も!
匠海
匠海
俺もです!
お亮先輩
お亮先輩
じゃーボーカルコンテスト!!しよっか!
あなた
ぼ、ボーカルコンテスト、?
裕貴先輩
裕貴先輩
亮が勝手に名ずけてるだけ、ボーカル決めるだけだよ~
あなた
ボーカル、
匠海
匠海
あなた歌上手いよな
あなた
そ、そそ、そーかなぁーっ
匠海
匠海
分かりやすくやりたいアピールしてんな
郷敦
郷敦
俺も、やってみたいです!
裕貴先輩
裕貴先輩
じゃもう2人でいいんじゃね?
あなた
え、
郷敦
郷敦
お亮先輩
お亮先輩
だな!
匠海
匠海
よかったなあなた!郷敦!!
あなた
うん!!
郷敦
郷敦
うん!!
横で郷敦が笑顔で言った

裕貴先輩
裕貴先輩
まずはカバーとかでもいいからやってみるか!
匠海
匠海
……
あなた
……?
匠海の様子がおかしかった。


ずっと一緒に居たからすぐに分かった。


その日は自己紹介と少しカバーを練習して終わった。


ー帰りー
あなた
……匠海
匠海
匠海
あなた
なーんか匠海変だったよ?
匠海
匠海
……何が?
あなた
匠海さ、カバーって言った時顔曇ってた
匠海
匠海
そんなこと、笑
あなた
ある!
私は、はぁとため息をついて

匠海の頬っぺを両手で挟んだ
匠海
匠海
んぐっ、
あなた
ハッキリ言わないとわかんないでしょ~!
匠海
匠海
……
場所を移動して公園のブランコに座って話すことにした
匠海
匠海
俺軽音部に入って、自分で作った曲やりたいって思ってたんだ
あなた
うん
匠海
匠海
それで、作ったけどなかなか言い出せなくてさ、
あなた
つ、作ったの!?
匠海
匠海
まぁ、
あなた
聞かせて!
匠海
匠海
歌詞はまだだけど、
匠海に渡されたイヤホンを耳に付けた
耳から心地いいピアノの音が聞こえた
あなた
すごい、すごいよ匠海!!
匠海
匠海
そうかな、笑
あなた
明日みんなに聞かせよ!!
匠海
匠海
え、でもまだ
あなた
いいからいいから!!
私が強引に言って次の日見せることにした