無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
辰哉「……お腹すいた」


「あ、もうこんな時間なんだね」



2人で夢中になって片付けをしていたから気がつかなかったが、外が暗くなっていた



「冷蔵庫の中見てもいい?」


辰哉「いいよ、てか一緒に住むんだからそういうの気にしないで」


「わかった」



冷蔵庫の中を見た



「…ねぇなにもないじゃん」


辰哉「外食しかしねぇからな」


「ダメだよ!買い物行こ!なに食べたい!?」


辰哉「え、今から?」


「行きたくなかったらスーパーの場所だけ教えて!1人ででも行くから!」


辰哉「1人はダメ、暗いからなにかあったら困る」


「じゃあ一緒に行く?」


辰哉「…しゃーねーな」


「イヤイヤなら来なくていいよ?」


辰哉「だから1人で行かせれねぇって!」


「じゃあついてきて」


辰哉「…わかったよ」



私たちは1番近いスーパーに向かった