無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

32
「辰哉くん!ごめんね!」


辰哉「気にすんな、こんな時間に1人で帰ってこられるのも心配だし」



と言うと彼は私を優しく抱きしめた



「ちょっ、外…」


辰哉「だから何?」


辰哉「足りないの」


「帰ってからじゃダメなの?」


辰哉「帰る分が足りない」


「ねぇなにそれ笑笑」



と話していると



亮平「あなた!?」


「お兄ちゃん!」



私はとっさに彼を離す



辰哉「お兄ちゃん…?」


「うん、私のお兄ちゃん」


亮平「そいつは誰!?お兄ちゃん何も聞いてないぞ!?」


「いや自分で気付いてたでしょお兄ちゃん」


亮平「あ…あのあざの…」


辰哉「はい、深澤です」



と彼はお辞儀をする



亮平「付き合ってるのか…?」


「いや付き合っては…」



と言いかけると彼がすぐに



辰哉「はい、お付き合いさせていただいております」


「えっ?ちょっ、辰哉くん?」


辰哉「俺の家で今一緒に住んでます…あ、寝室はまだ別ですので…」


亮平「そうだったんだ…深澤さん?だっけ?」


辰哉「はい」


亮平「あなたをよろしくね?」


「え?お兄ちゃん?」


辰哉「はい、こちらこそよろしくお願いします」



と2人は握手を交わし、兄が去って行った



「ちょっと辰哉くん!なんで付き合ってるって嘘を…」


辰哉「付き合ってもないのに一緒に暮らしてるって言った方がお兄さん心配するだろ?」


「だからお兄ちゃんには黙ってたのに」


辰哉「それはよくないぞ?」


「…すみません」


辰哉「まあ、無理もないよな…」


辰哉「でもさ…俺は付き合ってもいいって思ってるよ?」


「うん…て、え?」


辰哉「まああなた次第なのかなって思ってるけど」


「いや、って…え?」



驚きすぎて言葉にならない私



「付き合っても…え?」


辰哉「あなたは嫌?」


「嫌…じゃないけど…」


辰哉「じゃあ付き合う?」


「え……」


「今は、そういうのはいいかな…」


辰哉「そっか」




辰哉「帰ろっか」


「うん」



彼は私の手を取り何も言わず歩き出した