無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

44
大介「てかさー、ちょっとー」


辰哉「ん?なに?」


大介「付き合ってんなら言ってよぉ〜」


辰哉「あっ…」


「佐久間さんごめんなさい、黙ってて」


辰哉「えっ?」


「実は私たち、一緒に住んでるんです」


大介「えええええ!?」


辰哉「ちょ、あなた?」


照「一緒に住んでるって…まじなの?」


「はい、本当です」


大介「えぇ〜それなら隠すことなかったのにぃ〜」


「兄に黙っているつもりだったのですが、以前バレてしまいまして…笑笑」


涼太「そういうことね」


大介「えぇ〜でも、ふっかさんの彼女があなたちゃんでよかった〜」


照「なんで?」


大介「だって、すっごいいい子なんだもん」


大介「これは2人のお付き合いも祝わなきゃな!」


辰哉「おおげさ笑笑」


大介「だてさま!料理お願い!」


涼太「はいよ!」



こうして彼ら3人の祝賀会がやっと始まった