無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
辰哉「そうと決まれば…買い物行くか」


「うん、そうだね」



私たちは出かける準備して外に出た



「わぁ、雪、積もったね」


辰哉「あぁ、でも晴れてよかったな」


「うん!」



私たちは買い物に出かけた



辰哉「そういえば何も持ってなかったよな?」


「あ、うん…財布とスマホぐらいしか持ってないや…」


辰哉「じゃあ服とかも買わなきゃね笑笑」


「うん、そうだね笑笑」