無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

43
辰哉「あなた、嫌がってるじゃないですか」


翔太「お前には関係ないだろ」


辰哉「関係ありますよ」



彼は私の前に立って彼から私を隠す



辰哉「あなたは、今俺の彼女です」


「へっ…?」


大介「…えええええ!?」


照「佐久間うるさい」


辰哉「だから、お引き取りください」


翔太「何言ってんの?」


辰哉「お引き取りください」


翔太「うるせぇ!行くぞ!」



彼は私の手を掴み引っ張る



「翔太!痛い!」



反対の私の手を彼が掴む



辰哉「あなたを連れて行かせない!」


「辰哉くん…」


翔太「お前離せよ」


辰哉「離しません」


辰哉「あなたを捨てておいて今更なんなんですか?」


辰哉「俺ならあなたをずっと幸せにできますよ」


翔太「……」


亮平「なんも言えないね、翔太」


「諦めて、翔太」


翔太「…わかったよ、幸せにしろよ」


辰哉「当たり前です」



彼は立ち去った



亮平「あなた、辰哉くん、ごめんね」


亮平「そして辰哉くん、あなたを幸せにしてね」


辰哉「もちろんです」


亮平「だてさんも、騒がしくてごめんね」


涼太「大丈夫、お客さんがいない時でよかったよ」


亮平「その時間避けさせたの俺だけどね」


亮平「じゃ、またね、あなた頑張れよ」


「うん、ありがとうお兄ちゃん」



彼も店を後にした