無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
辰哉「さ、あなたの部屋片付けなきゃな」



と彼は言いながら私を部屋へ案内する



ドアが開くとそこには物でいっぱいの部屋が



辰哉「…こんなにあったっけ笑」


「辰哉くん、物捨てれない人?」


辰哉「いや、そんなはずはないんだけどな…笑」


辰哉「これからあなたが使うんだし、ある程度捨てなきゃな!」


「ある程度、ね笑」



彼と話していると自然と笑顔になれる



そんな彼に少しずつ惹かれていった




そして私は彼と一緒に部屋を片付け始めた




「これは?」


辰哉「うーん…いる!」


「これは?」


辰哉「これはいる!」


「これは?」


辰哉「いる!」


「ねぇもう全部いるじゃん!笑」


辰哉「たまたまあなたが選ぶのがいる物なんだよ!」


「って言うけどほとんど物減ってないよ…?」



辰哉「…なんとかするよ」



と少し凹んでる彼



そんな彼がとても可愛かった