無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27
目を覚まし、朝食の準備をする



準備ができたら彼を起こす



「辰哉くーん、ご飯できたよ〜」


辰哉「んん…あなた…」


「なに?」


辰哉「こっちきて?」



と彼は寝起きの顔で私を見て両手を広げる



「起きてね〜」



と私は彼を無視して起こす




辰哉「ちぇっ…」



彼は起き上がり、一緒に朝食を取る



「ごちそうさま」



私が片付けをしていると彼がひっついてくる



辰哉「ねぇ…ダメ…?」


「ダメ」


辰哉「なんでぇ…今日時間あるじゃん…」


「朝からなに考えてるのよ変態」


辰哉「変態って…!まあ事実だからなんも言えねぇけど!」



と言って彼は部屋に戻った



私は片付けを済まして自分の部屋で支度を始めた



そしたらドアをノックされる



彼はドアを開けずに




辰哉「いってくるね」


「うん、いってらっしゃい」



彼は仕事へ向かった