無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
彼に強く勧められお風呂も借りた



彼が用意してくれたスウェットに着替えた



「お風呂、ありがとうございます」


辰哉「いえいえ…ちょっとぶかぶかだね笑笑」


「まぁ、男性のものなら…」


辰哉「俺も風呂入ってくるから、ゆっくりしてて?」


「ありがとうございます」


辰哉「あ、ココア入れたからよかったら」


「ありがとうございます」



彼に信頼を持った私はココアをいただいた



あったかくて美味しい



ゆっくり飲んでいると彼が戻ってきた



「ココア、ありがとうございます」


辰哉「飲んでくれたんだ」


「はい、美味しかったです」


辰哉「敬語、やめて?」


「あっ、はい…」



そして彼は少し難しそうな顔をして



辰哉「あのさ…なにかあったの?」


「え?」


辰哉「いや…あんな道端でさ…」


「あぁ…」


辰哉「あっ、無理に話さなくていいからね?」


「いえ、話します」



あの時から数時間前の出来事を私は話し始めた