無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

26
彼と交代でお風呂に入り、ソファに座る



辰哉「ねぇ」


「ん?」


辰哉「俺も新しいベッドで寝たい」


「じゃあ私辰哉くんのベッドで寝る」


辰哉「おっ、それいいね?」


「いや、いいの?笑」


辰哉「いいんだよ別に!」


「いいならいいんじゃ?」


「てかそろそろ寝なくていいの?」


辰哉「明日は遅出だから大丈夫〜」


「あっそう」



すると私のスマホが鳴った



涼太
明日はやり方とか教えることもあるから15時にきてもらえるかな?
_
わかりました
大丈夫です!


「明日15時に来てって」


辰哉「そっかぁ〜まあ俺いないけど笑笑」


辰哉「あ、明日は夕飯いらないから」


「ん、わかった」


「…寝ようかなぁ〜」


辰哉「ん、おやすみ」


「おやすみ」



私が立ち上がった時



辰哉「あっ、待って」



と言って彼も立ち上がった



そして私を見下ろす



辰哉「ふふっ、可愛い」


「なんなのいきなり笑笑」


辰哉「おやすみ」



と私の頬にキスをした



「ん、おやすみ」



私はそのまま彼のベッドへ



いつか彼を好きになりそう



そう考えながら眠りについた