無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30
しばらく他にお客さんが来なかったので、彼と話をしていた



大介「あなたちゃんはどうしてここで働こうと?」


「兄とだてさんが知り合いで、紹介してもらったんです」


大介「へー!なるほどねぇー!」


大介「あなたちゃん、今は一人暮らし?」


「…はい、そうです」


大介「なにその間〜!怪しいなぁ〜!」



と笑顔で言う彼



兄に今の暮らしを話していない都合、嘘を付くしかなかった



大介「あっ、だてさま!」


涼太「なに?」


大介「今度俺の友達も連れてきていい?」


涼太「別にいいよ、店なんだし笑笑」


大介「あざーっす!」



と笑顔で返す彼



客「すみません、2人なんですが…」


「はい、いらっしゃいませ!こちらへどうぞ!」



ここからしばらく仕事が忙しかった