無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
彼に出会う前、私は別の男性の家で同棲していた



「ねぇ、なんで急に…?」



彼に突然別れを告げられた



「翔太…なんで?」



泣きそうな声で私が言うと



翔太「悪い、俺、お前より好きな女ができた」


「えっ…」


翔太「3年お前と付き合ったけど、お前との将来が見えない」


翔太「そんな時その子が現れて、そいつとは将来が見えたんだよ」


「ねぇ、もしかして、浮気…してたの?」


翔太「ああ…そうだよ」



なぜか彼が不機嫌になる



「翔太…ひどい」


翔太「だからお前とは終わり、出てってくれ」


「…バイバイ」



私はクズすぎる彼に涙も出なかった



勢い任せに私は家から飛び出した



しかし、行くアテもなかったので寒い雪の中ただただ歩いていた