無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
私たちはショッピングモールに着いた



辰哉「うーん、なにから見ようか…」


「とりあえず服とか?すぐ必要になるものだし」


辰哉「そうだな」



とりあえず服を見始めた私たち



「うーん…まあとりあえず安いのでいっか」


辰哉「え?なんで?欲しいの買えばいいじゃん」


「だってまだ色々買わなきゃいけないんだよ?」


辰哉「まあそうか…」


「一気にいろんなの買うのに高いのなんて選べないよ」


「大丈夫、私安くてもいいなって思うものよくあるから」


辰哉「そっか」



と彼が笑った



「あっ…」


辰哉「ん?どうした?」


「下着も…買わなきゃ…」


辰哉「あ」


「1人で見るから笑笑」


辰哉「当たり前だ!」



と言いつつ彼は少し照れていた



「ごめんね、付き合わせちゃって」


辰哉「なに言ってんだよ、住めばって言ったのは俺だし、気にすんな」



と言って彼は私の頭をポンっと撫でた