無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

29
開店してしばらくするとお客さんが



?「だてさまー!」


涼太「おっ、佐久間!」


大介「今日もいつものお願いね〜…ってあれれ?」


涼太「はいよ…あっ、この子は今日から働く…」


「あなたです」


涼太「こっちは友達で常連さんの佐久間大介」


大介「よろしくぴーまーん!でございまぁす!」



とっても元気な彼



涼太「佐久間、びっくりしてるから」


大介「あははっ!すぐ慣れるよ!」


涼太「佐久間はお酒は飲まないけど、いつも同じものを食べるんだ」



と言って彼は3品料理を出す



涼太「佐久間はこの3品、覚えておいて?」


「はい、わかりました」



出してくれた料理を運ぶ



「お待たせしました」


大介「あなたちゃん、そんな固くならなくてもいいよ!」


「あっ、はい…」


大介「ありがとうね!」


「はい、失礼します」


大介「いただきまーす!」



と彼は食事を始めた