無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12
辰哉「まあ暇ならずっとうちにいればいいよ」


「いやでも一緒に住ませてもらうのにお金ないのは…」


辰哉「ははっ、気にすんな」



と私の頭をポンポンと撫でる



その彼の優しさに私は少しキュンとした



「色々…ごめんね?」


辰哉「だから気にすんなって」



と笑顔で言う彼



その優しさに私は素直に甘えた