無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22
彼へ初めて連絡をする



写真をつけて



_
みてー!新しいベッド!
辰哉
おっ!届いていたんだ!
_
うん!
辰哉
今日からそれで一緒に寝よっか
_
何言ってんの笑
別々で寝るよ笑
辰哉
えーひどーい



「なによ笑笑」



彼とのやり取りが楽しくて時間を忘れていた



「あっ、もうこんな時間…行かなきゃ!」



慌てて家を出る



もらった合鍵で鍵を閉めて急いで待ち合わせにむかった



「お兄ちゃん!」


亮平「あなた!」


「遅くなった?」


亮平「俺も今きたところ」


亮平「だてさん…そこの店長は少し遅れるらしいから先入っていようか」


「うん、そうしよ」



私たちはカフェに入って彼を待った



亮平「お前今なにしてんの?」


「なにって…なにもしてないじゃんどう見ても」


亮平「ここ、なんかあざみたいなのあるけど?」



そう言われとっさに隠した



「なっ、なにもないよ」


亮平「あいつ、翔太の次でも見つけたの?早くない?」


「なんでお兄ちゃんが翔太とのこと知ってるのよ」


亮平「そりゃあ俺、あいつの友達だからな」


「友達の妹にひどいよねあいつ」


亮平「そうだな…」



そんな話をしていたら彼がやってきた