無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
私たちは帰って買ったものを整理する



辰哉「ベッドは明日届くから…今日俺のベッド使って?」


「え?辰哉くんは?」


辰哉「俺はソファで寝るから」


「えっ、ダメだよ!私がソファで寝るよ!」


辰哉「いやいや、女の子をソファで寝かせれないよ」


「うぅ…」



彼には負けるな、と思った



辰哉「そういえばさ、あなたちゃんは仕事とかしてないの?」


「あー、うん、ちょうど辞めたばっかで…」


辰哉「そっか」