第2話

2.ふわふわ
480
2023/11/23 05:56
瑞希
瑞希
それで....キミの名前は?
あなた
あっ...あなたの下の名前です....!!
瑞希
瑞希
へ〜!
可愛い名前だね〜!
瑞希
瑞希
ねぇねぇ!じゃあさあなたの瑞希から呼ばれる名前って呼んでもいいかなっ!?
あなた
えっ....と
あなた
大丈夫ですけど、暁山...さん?ってたしか....
瑞希
瑞希
うん!あなたの瑞希から呼ばれる名前の1つ上だから先輩だよ♪
あなた
ッやっぱり....!
じゃあ私先輩って言った方がいいじゃないですか...!!
瑞希
瑞希
いいってそんな!
先輩付けとか慣れてないし、そーゆー上下とかどうでもいいよ!

暁山さんはそう言ってニコッと笑った。

最初は....屋上に来た時点で不良とかだと思ったけど...
全然いい人だ....!

中学生の頃は...私、先輩から嫌な目で見られて省られてたから.....嬉しかった、!
瑞希
瑞希
あっ、それとボクから1つだけ「お願い」がありま〜す!

頭の中でふわふわ考えていたら

暁山さんが口を開いた。
あなた
お願い....?
瑞希
瑞希
ボクのことを「さん」付けも「先輩」付けもしないこと!
あなた
いや...でも、廊下とか人がそれなりに多いところとかは....
瑞希
瑞希
そのときは、ね?
瑞希
瑞希
でも!それ以外では苗字か下の名前で呼ぶことっ!
それと敬語を使わないことっ!
あなた
はい...(?)
あなた
じゃあ.....瑞..希ちゃん...?

その瞬間、瑞希ちゃんの目が大きくなった。
瑞希
瑞希
てか本当にあなたの瑞希から呼ばれる名前って全部可愛いね!!
声も顔もふわふわしてて!!
瑞希
瑞希
目の保養だ〜!


瑞希ちゃんは凄く嬉しそうに空を見上げて、

ポケットからスマホを取り出した。
瑞希
瑞希
ふんふふ〜ん♪

鼻歌を口ずさみながら誰かにメッセージを送っているようだった。
あなた
瑞希ちゃん....?
瑞希
瑞希
あっ、ごめんね!!
...ところでさぁ....
瑞希
瑞希
一緒に写真撮らないっ!?
あなた
しゃ...写真?
別にいいけど
瑞希
瑞希
じゃあ撮るよ〜!
さんにーいちっ!
あなた
えっ....

カシャッ
あなた
あっ...ごめん!
目瞑っちゃった....
瑞希
瑞希
全然大丈夫だよ!
目瞑っててもあなたの瑞希から呼ばれる名前は可愛いんだから!
あなた
ありがとう...!


瑞希
瑞希
「どう?ボクのこーはいちゃんっ♪
目の保養になるでしょ?✨️」
瑞希
瑞希
よし!そ〜しんっと!

瑞希ちゃんが送信すると、秒で3件くらいの通知が鳴った。
あなた
....見なくていいの?
瑞希
瑞希
後で返信するから大丈夫だよ!
それより...
屋上の時計を見ると
長針は5を指していた。

お昼休みは30分までだから....

もうこんな時間なんだ...!やばい....!
瑞希
瑞希
お昼ご飯食べる時だったのにごめんね!!
瑞希
瑞希
もうお昼休み終わっちゃうからさ....
あなた
ううん!
全然いいの...!!
あなた
私、先輩とこんなに仲良くなれたことが嬉しくて....!!
瑞希ちゃんは私の顔を見て

満足したように笑った。
瑞希
瑞希
もー!
どこまでもあなたの瑞希から呼ばれる名前は可愛いんだから!!
瑞希
瑞希
あっ、チャイムあと少しで鳴っちゃうからまた今度ね!
あなた
うん、ばいばい!
そう言って瑞希ちゃんは出て行った。

お昼ご飯は少ししか食べれてないけど...
なぜかお腹が「違うもの」でとても満たされていた。


NEXT➩
👀✨️50⤴︎︎︎
💖8⤴︎︎︎
🌟20⤴︎︎︎

プリ小説オーディオドラマ