無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

味方



あなた:私が生まれてすぐに父が他界して、幼稚園の時母さんが再婚して。だけどDVが酷くて小2の時親が離婚して、私が義父の方に残されて。その…暴力?振るわれててさ。


影山:え?


あなた:もう慣れたから良いんだけど。高校卒業したら一人暮らしするつもりだし。


影山:…は?


あなた:ビクッ


影山:慣れたとか言うんじゃねえよ…


影山:辛いときは辛いって言えよ……ッッッ



あなた:…………



______________________________________________________________________________


中学生の頃のあなた


ピコン

姉:”元気してる?お母さんと私は元気だよ〜”

あなた:…なんでこいつは良い思いしてんのに…私は…っっ

姉:”既読つけてんなら返信して〜w 心配してんだからね?”

あなた:(見捨てたくせになんなの……!?)



義父:おい

あなた:ビクッ

義父:誰からだ

あなた:…

義父:おい!!!

ガチャン

パンッ



義父:世話してやってんだから感謝しろよおい 

ガチャン


あなた:ウッ…ウッ…


ー学校


モブ:なんかあなた腕傷できた?どしたん?

あなた:あ…転んじゃってさ エヘ

モブ:まじかー気いつけてーww

あなた:…うん ニコ
 


ピコン

姉:”最近どう〜?”

あなた:…”暴力振るわれてる”

あなた:(お姉ちゃん…助けてよ…)


姉:”あ、まじwがんばー”


あなた:!?

あなた:”なにそれ”

姉:”いや、うち関係ねーじゃん?w”

あなた:”は?”

姉:”怖い怖いwお前が小さい時お前の分まで代わりにうちがやられてたことを今受けてるだけだろ?我慢しろよw”

あなた:………味方はいない、か



____________________________________________________________________________________




あなた:(あいつお姉ちゃんに捨てられてから誰にも言う気にならなかった。そしてあの頃気付

いた。私が笑ってればいいんだ、って。そうすれば誰にも迷惑がかからない。見捨てられない。







でも、心の隅で、誰かに助けてほしかった。












影山…………信じてもいいの?)














影山:信じろよ。俺のこと。





あなた:っっっ







影山:誰かから見捨てられても、俺は、お前の味方だ。俺が、お前のこと守ってやるから。







あなた:ポロ




影山:え!?わ、わりぃ



あなた:ボロボロ


影山:ヨシヨシ









影山:…だからさ、


あなた:グス ん?









影山:無理して笑うなよ。俺の前では。




あなた:…うん




























































この会話を何者かが影から聞いていたことをこのときのあなたが知る由もなかった