無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

文化祭1日目



司会:は〜い、では、彼氏、彼女のことをどれくらい知っているのか!いざ、れっつ〜ご〜!!!



〜あなたside〜

だるい。サボりたい。何がカップル選手権だよ。


ー数日前ー

あなた:"私受付入ってないんだけど…?"

モブ:"あなたちゃんはいるだけでいいから!ほんとに!"

もぶ:"そうそう!もうあなたちゃん自体が名物的な?"

MOB:"確かに〜!あなたちゃん目当てで来る人も多いもんね!"

あなた:"あ、あはは…"


私目当てとか何?意味分かんない。ほんとにやめてほしい。




モブ男:ゃん。ちゃん。あなたちゃん


あなた:?!は、はい


モブ男:ちょっと、いい??


あなた:・・・(どうせ何すんのかは分かるよ)


あなた:ここでいい?


モブ男:あぁ…うん


ザワザワ

”え?何?告白?””らしい!”



モブ男:その、、、ずっと、好きでした!付き合ってください!








あなた:ごめんなさい。



モブ男:……なんで?どこがだめなの?


あなた:私、恋愛とか興味なくて…


あなた:でも、ありがとう! ニコッ



その場に居た人:ずっきゅうううん


モブ男:あ、えっと、その、ありがとう



スタスタスタ





〜影山side〜

人だかりができてたから覗いてみたら、あなたが告白されていた。相手はイケメンとかなんとかで結

構人気なヤツだった気がする。



"あなた:ごめんなさい"


ホッとした自分が居た。でも、、恋愛に興味ないって言ってたな…






モブ女:あなた!


あなた:ん?


モブ女:ごめん、急遽司会が来れなくなっちゃって…入ってくれない…?


あなた:(めんどくさ…)


あなた:ん!いいよ!


モブ女:ありがとおおお!!!!




あなた:えっと…ペアは……


影山:あれ、お前司会?


あなた:げ


影山:げってなんだよボケ


あなた:いや…なんでもw




影山:(神様…ありがとう。。)





あなた:ではまず〜”愛してるゲーム”です!!!


あなた:ルールは簡単!愛してると言い合って、照れたら負けです!



モブ男:あなたちゃんやってーー!!


モブ:うぇええええい!!!やってー!!



あなた:え…っと、、


一同:やって!やって!やって!やって!


あなた:わ、分かったから!


あなた:コソッ 影山やろ


影山:は?なんでだよヤダ


あなた:頼むから!!私だってやりたくないよ


影山:…はぁ。ーったよやるよ



影山:愛してる


あなた:(ドキッ なんだどきっって!)


あなた:もう一回言って


影山:愛してる


あなた:…(そろそろ終わらせないともたんな…)


あなた:飛雄、もっかい、言って?


影山:っっっっ プシュウ



モブ:ふうううううう!!!!!!



あなた:・・・


あなた:はい、本番初めますよ〜?w








ーそして1日目が無事終了ー