無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

メモ

翌日


蘭々:あなたおは〜


あなた:おはよ〜



影山:・・・


あなた:・・・
(なんでよりによって隣の人にバレたんだろう……なんかめっちゃ見てくるし…)


教師:〜であるから…でー



ツンツン

あなた:?


カサッ

 
《 なんか目、はれてね? 》    ⇐影山からの手紙(裏紙)



あなた:…
(やっぱ分かるか…流石に夜泣いたのはやばいか… 朝必死に洗ってきたのに…w)



カサッ

《うそ まじ?      
昨日夜ふかししたからかなぁ(笑)  
あとで顔洗わなきゃ(笑)  》




〜影山side〜

今日、あなた目が腫れてる。どうしたんだ?昨日あの後なんかあったんだろうか。聞きたいけどそんな勇気ないし…

そうだ


"なんか目、はれてね?"

あれ、腫れるってどうやって書くんだろ?ま、いいや


…直球すぎるだろうか。

カサッ


メモを見たあなたはやっぱり、驚いた顔をした。そしてその後…やっぱり、苦しそうな顔をした。



どんな返事がくるかはなんとなく予想はついている。

カサッ



……やっぱり、嘘をついた。

どうしてそんなに自分を殺すのか分からない。なんで周りに頼らないんだ?


ふとあなたの方を見ると、目があって、



また、



クシャッと微笑んだ。嘘をついた