無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3話
最初は痛くて、あまり血が出ない時もあった
だけど、やっぱり血を見るとなんか
「綺麗だなぁ」と思った
モトキ
モトキ
また思い出しちゃったな
そしたらまた死にたくなってくる
俺はポケットからある物を取り出した
カミソリだ。
それを左腕に当てて、
一気に横に引く
モトキ
モトキ
(やっぱり綺麗だな
もう痛みなんて感じない。
この瞬間罪を償ってる気がする
俺がここにいる罪を…
生きちゃった罪を…
モトキ
モトキ
もうちょっとやってよ
俺の出ている赤色は
綺麗に腕へと流れていた
モトキ
モトキ
こんな俺、もう救いようがないよなぁ
そろそろ片付けよっ
その時だった
ぺけたん
ぺけたん
もっきゅ…ん?
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
ひかる
ひかる
どーもひかるです
ひかり
ひかり
作者です
ひかり
ひかり
今回短かったけど、どーですか?
ひかる
ひかる
また続きを楽しみにしててください。
ひかり
ひかり
アデュー!
ひかる
ひかる
アデュー!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

おかかおにぎり
おかかおにぎり
初めてまして! 히카리(ひかり)です。初めてなのでおかしいところがあるかも。 フィッシャーズの小説を主にやりますよろしくお願いします😋 推しは→💖♥️💚
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る