無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話
え…
声が聞こえた方を見ると、ダーマとぺけがいた。
ぺけたん
ぺけたん
もっきゅんは何にも悪くないじゃんか!
俺が階段から突き落とされたのは、勝手に目を
つけられただけ!
なのに俺は俺はって馬鹿なのっ!?
そう言うとぺけは見たことないくらい怒って
泣いた。
ダーマ
ダーマ
そうだよっ!
お前をあの時助けたのは、いつもあいつらにいじめられて、
あいつらにムカついてお前を助けたんだっ
お前がだんだん弱ってくるのを見たくなかったんだよ!
初めてこんなことを言われたのか、この感情がわかんない。
涙が止まらなくて、でも前は楽しくて、苦しくて、
だけどすごくあったかくて。
モトキ
モトキ
これはなんて言うの…?
シルクロード
シルクロード
それは「愛」ってんだよ。
お前が知らない感情を俺らが教えてやる。
俺ら7人でフィッシャーズなんだ。
お前がいないとフィッシャーズじゃないんだよ。
モトキ…お前が必要なんだよ。
モトキ
モトキ
必要…?
呟く
モトキ
モトキ
俺が必要…
もう一度呟く
モトキ
モトキ
ぅ…あぁぁぁっ……
6人は俺を抱きしめてくれた。
俺は「愛」っていうのに包まれながら泣いた。
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
次回で多分最終回です(・ω・✌
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

おかかおにぎり
おかかおにぎり
初めてまして! 히카리(ひかり)です。初めてなのでおかしいところがあるかも。 フィッシャーズの小説を主にやりますよろしくお願いします😋 推しは→💖♥️💚
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る