無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
123
2019/10/14

第12話

12










ついに部活動対抗リレーの時がやってきた。










今は司会の人に各部活、部長(キャプテン)とマネージャーがインタビューをされているところだ。










何を聞かれるのかと思いながら前の部活を聞いていた。










司会「さー、サッカー部の部長さん((ニヤリ
ゴールしたら隣の可愛いマネージャーさんに何をしますか、されたいですか??」










サッカー部「んー、ゴールしたら抱きしめます!笑」










司会「おっ、サッカー部は抱き合う…
いいですね~笑笑
さっ、次は…」










司会「野球部!
おっ、キャプテンのンダホくん((ニヤリ
ゴールしたら隣の彼女兼マネージャーさんに何をしますか、されたいですか?」










ンダホ
ンダホ
僕は…
マネージャーをお姫様抱っこします!









司会「おおっ!
それは見どころたくさんですね…((ニヤリ」
あなた

もう…((小声









私は恥ずかしくてたまらない。










全部の部活が終わるまでンダホくんと隣同士で待ってなきゃいけない……










ココ最近で1番ドキドキしてる……











(全部の部活終わりました。)










司会「さっ、レースのスタートです!
第1区から第4区までは、1~3年生の部員が走ります。
そして、第5区のアンカーは各部の部長(キャプテン)が走ります。
そしてゴールには各部のマネージャーさんにスタンバイしてもらってます!
ゴールしたら各部楽しみですね~笑笑
それではいきます…



よーい、」









パーン((ピストル