無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

122
2019/10/03

第11話

11
シルク
シルク
おい、ンダホ~!!
ンダホ
ンダホ
もう、なんだよ笑
あなた

じゃあ私行くからね??
バイバイ!!

ンダホ
ンダホ
じゃあね?








私は今までにないくらい全力疾走でテントまで行った。











そのころンダホくんたちは……
シルク
シルク
あ、あなたちゃんとの時間邪魔しちゃった??
ンダホ
ンダホ
いや、別に笑笑
ンダホ
ンダホ
なんか、からかってんのか知らないけど話したいことあるって言ったりないって言ったり…笑
シルク
シルク
なんだかんだ言ってラブラブだなっ笑笑
ンダホ
ンダホ
否定はしないけど?笑笑
シルク
シルク
でも、お前高校卒業したらここら辺から離れるだろ?
ンダホ
ンダホ
そう…だね
シルク
シルク
あなたちゃんとはどうするつもり?
ンダホ
ンダホ
まだ考えないんだよね…
シルク
シルク
もう二学期だし、三学期になる前には言ったほうがいいんじゃないの?
ンダホ
ンダホ
そうだよね……
こんなこと言ったら悲しむよね…