無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

156
2019/09/05

第7話

7














ンダホくんと2人で出かけるなんて嬉しくてたまらなかった。













私はドキドキしてしょうがない。















そして私はこの前買った腕時計を渡すタイミングを図っている。(5話で言ってたやつ!)















今渡すか、バイバイするときに渡すか……













バイバイするときのほうがいいかな……?








私はモヤモヤしながらンダホくんの隣を歩く。









ンダホ
ンダホ
手!
ンダホ
ンダホ
繋ごう!







えっ?













ドキドキしすぎてもう心臓がもたない……







あなた

う、うん…

ンダホ
ンダホ
え、照れてる??笑笑
あなた

そ、そんなことないよ??









もちろん嘘。











とっても照れてます。笑












ンダホ
ンダホ
えー?笑
ホントかな?
あなた

ほんとだって!











私たちは会話をはずませながら歩く。










なんか目的地らしいところに着いた。




あなた

あれ、ここって…?