無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

220
2019/08/25

第2話

2
なんだかんだいって、入学してから2ヶ月がたった。











クラスでも何人か友達ができた。












マネージャーの仕事も結構慣れてきて、部員とコミュニケーションをとれるようにもなった。

















そして今日また部活の時間がやってくる。












ンダホ
ンダホ
集合!!









先輩の掛け声で部員が集まってくる。
ンダホ
ンダホ
明日はいよいよ大会だ。
今年はマネージャーにも恵まれたし、1年生もいっぱい入ってきてくれたし、このメンバーで優勝するぞ!








自然と部員が円陣を組んで気合いを入れている。












その光景を見て、私は嬉しくなった。












私は初めて人と話すことを楽しいと思った。











そんなことを思いながら見ていたその時、











ンダホ先輩に呼ばれた。
ンダホ
ンダホ
あなたちゃん!!
あなた

はい?

ンダホ
ンダホ
円陣一緒に!!
あなた

あ、はい!
















ンダホ先輩に呼ばれ、一緒に円陣を組んだ。












みんなで気合いを入れた。















今日の練習が終わり、私は部員たちに飲み物を配った。














私自身も大会でいいことが出来るかわからない。














いつも通りと自分に言い聞かせ次の日を迎えた。