無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

162
2019/09/01

第6話

6







デート当日















私はンダホくんに指定された場所に到着した。
















【 LINE 】




ンダホくん
着いたみたいだね、
俺からあなたちゃん見えてるから探してね!



あなた
えっ?
そういう感じ?笑


ンダホくん
まぁ、頑張って!笑笑









ちょっとまって、探してって……笑













私はンダホくんを探す。














中々見つからない…













諦めてラインしようとした時















ンダホ
ンダホ
ねぇ、遅いよ……笑







後ろから抱きしめられた。














これを世間ではバックハグとか言うらしい(( 知ってる








あなた

ちょ、ちょっと……照
みんな見てるから……

ンダホ
ンダホ
えー、🥺







まってなにその目の使いかた……












余計にドキドキしちゃうんだけど……
あなた

まぁまぁ、それよりどこに連れてってくれるの??

ンダホ
ンダホ
着くまでのお楽しみ!


















こうして私たちのデートが始まった。