無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

158
2019/01/05

第12話

10.


そして、僕は

指輪とネックレスを箱に戻し、




あの手紙を手に取った、、、


僕は、君からのこの手紙を読むのが、

とても怖かった、、、














君を裏切った僕に、

君はどんな言葉を綴ったんだろう、、、







でも、僕はこの手紙を読む事は、

僕の使命であるように感じた、、、












そして、

僕は、恐る恐る封筒を開いた、







『 ジミン君へ、、、 』






_______________________
作者デス。
作者デス。
次は、手紙の中身です!!




お楽しみに!!!



でわわ、안녕~!!