無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

148
2019/01/06

第13話

1 1.


『ジミン君へ』


今から、長々と書いちゃうかもだけど、

とりあえず、
お誕生日おめでとう!!





これが、君に送る最後の手紙になるかもだけど、、、


読んでくれたら、嬉しいです。



私が今ひとつ思う事、



それは


"私なんかがあなたの隣にいて良かったのかな"


ということです。







Jimin
Jimin
そんなのっ、、、


僕にはもったいなすぎる位だったよっ、、、


ほんとに、ジミンは私といれて、楽しかったかな、


良かったって思ってる?



ジミン君優しいから、

私なんかと、付き合ってくれたのかもだけど、







私は、ジミン君と、

一緒に過ごせて、幸せでした。







「紙には、涙の跡がたくさん残っていた、、、」
_______________________
作者デス。
作者デス。
手紙まだまだ続きます!


長そうなので、一旦きりました!!

ミアネ、
すぐ書いてくるから待っててㅋㅋ



また次回!!

でわわ、안녕~!!