無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

133
2019/01/17

第19話

1 7.

いつものカフェで、待ち合わせした。




私は、いつもなら遅れてくるほうなのに、


今日は、

待ち合わせ時間の1時間前には着いた、、、






ここに座って、
ほんとにどうでもいい話して、笑いあったり、




カフェの前にある公園で
2人でブランコ乗って、夜まで話したり、、、



映画館行って、
ホラー映画見た時なんか、めっちゃ怖がってて、、、











数え切れないほどの思い出が

どこからともなく引き出されてくるかのように



頭によぎった、、、








でも、それを思い出すと同時に、


私は病気なんだ


っていう現実に引き戻される、、、












いつの間にか、私の目から涙が溢れ出た、、、






大好きな人に別れを告げることが

どれほど辛いことか、、、




どれほど苦しいのか、、、









私は、涙を拭き取り、


必死に今までの記憶を消そうとした、、、








彼が好きな飲み物も、

一緒に行った場所も、

君が放った一言一言、

君との未来図だって、、、


なにもかも全て、、、




ぜんぶ、ぜんぶ忘れたはずなのに、


頭の中は君の事でいっぱいだった、、、
















カランカラン、、、







ジミンがやってきた____





_______________________
作者デス。
作者デス。
はい、

次はジミンとサランちゃんのお話です!!



お楽しみに!!


でわわ、안녕~!!