無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

170
2019/01/02

第10話



僕達が出会ったのは、


大学1年生になった、春。






その日は、とてもあたたかくて、

たくさんの花が咲き乱れていた、、、





そんな日に、君と出会った、、、





ドンッ、、、

you
you
あっ、ごめんなさい、、、
Jimin
Jimin
いや、僕こそ、すみません、、、


もしかして、1年生??
you
you
あっ、はい



それが、僕と君との出会いだった。






あなたは、とても可愛くて

僕は、ヒトメボレした、、、






それから、僕達は仲良くなって、

交際することになった、、、





最初の頃は、


2人ともとても幸せな時間を過ごしていた、、、



2人で毎日電話して、
週末にはデートに行ったり、
手を繋いだり、、、



ほんとに幸せすぎるような時間だった
















でも、いつからだろう、、、


僕が君を避けるようになったのは、、、


別に、他に好きな女が出来たわけでもなかった、、、













ただ、あなたと一緒にいると、

君との別ればかりが浮かんできて怖かった、、、







僕の元カノがそうだったから、、、

どうせ君も、僕を捨てるんだろう、、、??







僕は、どーせいつか別れるくらいなら、と

君と距離を置くことを選んだんだろう、、、








ほんとに、バカだよな、、、




ごめん、

どれだけ後悔しても、

もう元の生活は、戻ってこない、、、


_______________________
作者デス。
作者デス。
うん、めっちゃ悲しいお話に

なってますね、

ジミンの距離置く理由が、、、



それでは、次回もお楽しみに!!

でわわ、안녕~!!