無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

130
2019/01/20

第20話

1 8.



彼は、私を見つけると、

私の前の席に座った、、、


Jimin
Jimin
遅れてごめん!!

ところで、話って何?


何も知らない彼は、そう尋ねた、









私は、1度深呼吸して、

サラン
サラン
あのね、、、
サラン
サラン
別れようッ、、、私たち、、、


と言った。












その瞬間、

彼の表情が一変して、



Jimin
Jimin
どうして??サラン、、、

何かあったの?
サラン
サラン
う、うん、、、



あのね、好きな人が出来たから、

ジミンとは一緒に居られない、、、
Jimin
Jimin
え、どうして、、、
彼は、今にも泣きそうな顔でそう尋ねた、、、



サラン
サラン
ごめんっ、、、

いままでありがと、、、


私は、

泣きそうになりながらも、そう言い残して、

その場を去った、、、






ジミンは、

きっと私の事、最悪な女だとか思ったのかな、、、







でも、




それでもいいんだ、、、



好きな人が私がいなくなってからも



ずっと苦しむ姿なんか見たくない、、、













ジミン、

いままで、ありがとうッ、、、

大好きだよ___







_______________________
作者デス。
作者デス。
次は、


サランちゃんの最期かな、、、




うん、お楽しみに!!


でわわ、안녕~!!